<タイ>コロナウイルスがキャッシュレスを促進-株式会社すごいプロモーション

<タイ>コロナウイルスがキャッシュレスを促進


シンガポール大手通信企業Seaが手掛ける電子決済AirPayは、新たなサービスを開始しました。Seaは、東南アジアで人気を誇る通販サイトShopeeタイの運営も行っています。今回、導入されたサービスはチャージ方法の拡大。クレジットカード、デビットカード、ATM、銀行アプリ、コンビ二など様々な方法でチャージが可能になりました。また、オンラインのみならずオフラインでも利用が可能となり、全国1,000以上の店舗でAirPay決済ができます。

同社によると、新型コロナウイルスが流行してからオンラインショッピングとともに、電子決済の利用率も高くなっています。

生活の変化、ソーシャルディスタンスまでもがキャッシュレス決済を活性化させているようです。

 

下記は、国内の電子決済の傾向です。

  1. 電子決済の利用者の6割が18~34歳だが、50歳以上の利用者も増加。

以前は「高齢者には電子決済は複雑だ」という意見が多く高齢者の利用率は低かったが、AirPayは使い方が簡単、便利、信頼できるという観点から注目を集めた

2. 男女別の利用率を比較すると、男性の方が20%高い

3. インタネットやスマートフォンの普及により都会で多く利用されてる

 

出典:The Bangkok Insight ニュースサイト

https://www.thebangkokinsight.com/392234/