<台湾>人口減少の危機-株式会社すごいプロモーション

<台湾>人口減少の危機


2020年上半期、台湾の人口増加率が初めてマイナスに転じました。
国家発展委員会の推測によると、
台湾の人口はピーク時の2361万人から2065年末までに1735万人に減少するとされています。
人口減少が経済発展に与える大きな影響は、労働者の急速な減少で
2027年には労働力人口の割合が3分の2以下になると予想されています。

 

出典:聯合新聞網

https://udn.com/news/story/7338/4786998?from=udn_ch2cate6643sub7338_pulldownmenu_v2