〈中国〉RCEP締結で日本製品が安くなりますか?-株式会社すごいプロモーション

〈中国〉RCEP締結で日本製品が安くなりますか?


今月15日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が締結されました。
世界第2位、3位である中国と日本を含む計15ヵ国で合意され、内容は関税の値下げなど貿易をさらに活性化させるものです。

農林水産物の分野では、日本酒、ウイスキー、ホタテ、パックご飯などの日本からの輸入品の関税が年々引き下げられます。
同時に、中国から輸入した商品の関税も徐々に撤廃していきます。

日本の米酒の現在の関税は1リットルあたり42.4円(約2.67元)、21年目にはゼロまで引き下げられる予定です。

また、日本の農民を保護するために、米、小麦、牛肉、豚肉、乳製品、砂糖作物の5つの「重要な製品」を関税引き下げの対象として挙げていません。

また自動車部品関連も税関の大幅な値下げがなされる予定です。

出典:观察者

https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_10012316